冷静な判断と対応

2013-10-30 (Wed) 15:11[ 編集 ]
今日はアツトの保育所参観でした♪
随分と大きくなったアツト、口も随分と達者になりました
「母さん、あっつん母さんの事大好きじゃけぇ、今日はふざけんけぇな!」
なんて行く道中にこんな事言ってました(笑)
おふざけ大好きアツトなもので、よく「ふざけすぎ!!」と言われるんですよねぇ
アツト

参観では「フルーツバスケット」を子供達が盛り上がってやってたんですが、なんと「保護者の方にも実際にやってもらいます」なんて言われ、子供以上に大人たちの熱い戦いが繰り広げられたんですよねぇ
みんな息が切れるほど本気になってるし(笑)
なぜかみんな笑いが止まらないしで、すっかり楽しませてもらいました

そしてその後は遊戯室に移動して保護者の講演会。
この講演会の最中に、講師の先生がお年を召されてるという事もあり、血圧が急激に上がられたようで、突然意識を失われてしまったんです
幸いな事に保護者の中に看護師さんがおられたので、救急車を呼ぶ手配、横に体を寝かせてあげたり、脈を取ったり、率先して介抱されていたんです。
そうこうしてると意識も戻られ、「大丈夫だから公演を続けます!後、30分ほどで言いたい事は伝えれるからお願いします!」と講師の先生が起き上がって気丈におっしゃられるのですが、所長先生もそんな公演を続けてもらうなんて体調が心配すぎで続行していただく気にもなりませんよね
勿論私も保護者のみなさんも騒然とした雰囲気で、公演どころの話じゃないです
そのうち救急隊の方が到着し、それでも「私は大丈夫!!お願いします!」と言われるもんだから、今度は救急隊の方が公演中止の説得をされてました。
この時の救急隊の方の接し方が人としての人格をすごく尊重される言い方で、尚且つ説得力もあり、とても好感持てる感じだったんですよね。
結局公演は中止され、救急搬送されたのですが・・・なんだかすごく考えさせられる出来事でした。
・講師として招かれた責任を全うすること
・目の前で全くの他人が倒れてしまった時の対処
・他人を説得する時の対応
いざという時に自分は一体どう動けるか・・・帰りながら悶々と考えさせらえました。
これって、人間としての力量が問われますからね。
いろいろ深く考えさせられる一日となりました。
どうか搬送された先生もご無事でありますよに!


ランキングに参加中
励みになるので良かったら是非クリックお願いしまぁす


にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nabenabe30.blog9.fc2.com/tb.php/1533-325e2fe3

 | HOME |