子どもに求めるのではなく。。。

2015-06-26 (Fri) 12:38[ 編集 ]
一昨日長男の中学校参観日でした。
「なぁ、母さんさぁ、今日来るん?」
なんて参観日に私が来るかを朝確認してくる息子。
私「行ったらいけんの?」
息子「誰も来ちゃいけんなんて言ってないじゃん。。。」
確かにね~
思春期にもなると参観日に来て欲しくないオーラを発してくるんですよね(苦笑)
「おか~さ~ん!!」
な~んて小学校低学年の参観日では大きく手を振ってくれていた姿が懐かしいなぁ
思春期に突入し順調に成長している証として良しとしましょうか

そんな参観後の懇談会で配布された手紙裏に心打たれる詩がプリントされていたので紹介させて頂きます。

子どもにもとめるのではなく
子どもに失敗させないようにする親ではなく
失敗した子どもを暖かく包んでやれる親でありたい

子どもを正しく導いていける親ではなく
子どもと共に学び、成長していける親でありたい

子どもの将来のためと心を鬼にする親ではなく
元気が一番、と仏の顔で笑っている親でありたい

あなたのためにと自分を犠牲にする親ではなく
あなたがいてくれるからと子どもに感謝する親でありたい

子どもにたくさんのことを与えてやれる親ではなく
子どもから喜びや幸せをいっぱい受け取れる親でありたい

こうあってほしいと子どもに求める親でなく
自分はどうでありたいのかと自らに問う親でありたい

by はせがわみつる


この詩。
心がふっと軽くなるような気持ちになりましたねぇ
ここのところ反抗期のアツトや思春期の和哉の対応などで頭悩まさせられる事も多かったので、ハッとする思いと共に気持ちが楽になりました。
よしっ!また顔晴ろう!



ランキングに参加中
励みになるので良かったら是非クリックお願いしまぁす


にほんブログ村

にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nabenabe30.blog9.fc2.com/tb.php/2231-a2926a0a

 | HOME |